XXIX U-18 Baseball World Cup

2019-08-30 - 2019-09-08

@wbsc   #U18WorldCup   Gijang City, KOR

XXIX U-18 Baseball World Cup - Official Payoff

U-18 アジア選手権大会で韓国が優勝 上位3チームはU-18 ワールドカップ2019に出場決定

2018-09-14

【スイス・ローザンヌ】世界野球ソフトボール連盟は今日、宮崎で開催された第12回アジア(BFA) U-18 野球選手権が終了したことから、韓国の機帳で開催予定のWBSC U-18 野球ワールドカップ® 2019に出場する3チームの決定を発表した。

ワールドカップのホスト国としてすでに出場を決めている韓国のU-18 代表チームは、無敗のままアジア選手権大会決勝でチャイニーズタイペイを延長10回7対5で下し、アジアの新王者となった。世界ランク6位のチャイニーズタイペイはアジア選手権で2位を獲得し同じくWBSC U-18 野球ワールドカップ2019への出場権を手に入れた。

世界2位の日本(2016年U-18 アジア選手権優勝)は3位決定戦で22位中国に14対1で圧勝し、ワールドカップ3枠目を獲得した。

WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長は「韓国のユースチーム並びに大韓野球ソフトボール協会のみなさま、U-18 アジア選手権優勝おめでとうございます。この大会はレベルが大変高く、熾烈な争いを勝ち抜いての勝利となりました。またチャイニーズタイペイと日本もワールドカップ出場決定おめでとうございます」とコメントした。

アジア3チームはユース世界大会の最高峰であるU-18 野球ワールドカップで「For the Title of World Champion(世界一の称号の為に)」を目指し激突する。

U-18 野球ワールドカップ 2019への出場を最初に決めたのはヨーロッパの U-18 王者のオランダと2位スペイン。

第29回 U-18 野球ワールドカップは韓国最大の野球場の機帳ヒュンダイ・ドリームボールパークにて開催。大韓野球ソフトボール協会 (KBSA) がキジャン郡と提携し第29回 U-18 野球ワールドカップを主管する。野球は韓国で観客動員数トップのスポーツ。ワールドカップの開催も省庁である企画財政部と文化体育館観光部の支援を受けている。

BFA U-18 アジア選手権大会 2018 – 最終順位

  1. 韓国
  2. チャイニーズタイペイ
  3. 日本
  4. 中国
  5. スリランカ
  6. 香港
  7. インドネシア