28/08/2015 - 06/09/2015

@wbsc   #U18WorldCup  

Hosted by:   JPN

XXVII U-18 Baseball World Cup 2015 - Official Payoff

WBSC U-18ワールドカップの速球投手Ian Anderson がMLBの決勝試合で大活躍

WBSC U-18ワールドカップの速球投手Ian Anderson がMLBの決勝試合で大活躍
08/10/2020
右腕投手は2015 U-18 世界選手権大会のアメリカ代表チームで活躍。2016年のドラフトで8月25日に彼のMLBデビューをはたした。

2015WBSC U-18ベースボールワールドカップでの米国の優勝に貢献したイアンアンダーソンは、メジャーリーグベースボール(MLB)ナショナルリーグディビジョンシリーズでアトランタブレーブスをマイアミマーリンズに2-0で勝利させた。アトランタは現在、ベストオブファイブシリーズを2-0でリードしている。

アンダーソンは5.2イニングを投げ、奪8三振、3つのヒットだけを許した。この試合は彼の3回目のMLBスタートで、ポストシーズンで最初のスタートとなった。彼のプレーオフデビューは、メディアでは大きな見出しを飾り、ファンの間での活発な議論を生み出している。

右腕選手は2015年にアメリカ代表チームでピッチングした。彼は開幕戦でメキシコに対して3.1イニング、スーパーラウンドで韓国に対して3.1イニングのセーブを獲得した。 

2015 U-18ワールドカップに向っているときには、彼はニューヨーク州クリフトンパークのシェネンドホワ高校の3年生だった。その彼は翌年、チームをクラスAA州選手権大会に導いた。

アンダーソンは、2016年のMLBドラフトで全体3位で指名された。彼の契約金は400万米ドルと報告されている。

彼はブレーブスのために80試合のマイナーリーグ野球(MiLB)を投げた後、2020年8月25日に対ニューヨークヤンキース戦でMLBデビューを果した。

U-18ベースボールワールドカップは、その大陸予選とともに、日本のダルビッシュ有や大谷翔平など、このスポーツで最も有名な選手となった選手達を一貫して生み出してきた。韓国の秋信守、キューバのヤシエル・プイグとアロルディス・チャップマン、クレイトン・カーショウ、ブライス・ハーパー、フランシスコ・リンドー、マニー・マチャド、バスター・ポージーは、すべて全米アマチュア野球連盟のU-18代表チームでプレーしている。

次回のWBSCU-18野球ワールドカップは2021年にフロリダ州サラソタとブレーデントンの都市で開催され、全米アマチュア野球連盟が主催する。